バルトレックスという薬をご存知ですか?こちらはヘルペスを治療する薬です。当サイトではこのバルトレックスの効果や副作用などの検証、そして安く入手する為にジェネリックの存在があるのか?など調べていますので是非参考にしてください。

ヘルペスを治療する薬バルトレックス

バルトレックスはどの性病に対して効く?

バルトレックスはヘルペスウイルスの増殖を抑える飲み薬で、ヘルペスの治療で使用するのはもちろんのこと、再発予防にも使用される抗ウイルス薬です。有効成分のバラシクロビルは、ヘルペスウイルスのDNA伸長を停止させ、複製を阻害する作用があります。人間に感染するヘルペスウイルスは8種類存在し、感染する部位や症状によって分けられます。水ぶくれや発疹を作るのが特徴で、その他にも発熱やかゆみ、痛みを伴うことがあります。性病としては単純ヘルペスウイルス2型の性器ヘルペスがあり、病変部との接触で感染するようになっています。口唇ヘルペスに発症している時にオーラルセックスを行うと、そこから性器に感染することもあります。普段は神経細胞に潜伏して免疫力で抑えられていますが、疲労などで免疫力が低下すると発症して皮膚を攻撃することから水ぶくれなどができるようになります。感染者は非常に多く、症状が出ていないために気づくことはありませんが、潜伏感染の時でも皮膚や粘膜からウイルスが出てきて感染する可能性があります。初感染では高熱を伴うこともあり、激しいかゆみ、痛みを伴い、子宮頸管や膀胱にまで感染が広がることもあるため、早期の治療が必要となります。バルトレックスはこうした性器ヘルペスの治療に使用できますが、その他の性病には全く効果がないので注意しましょう。また、ヘルペスウイルスは症状が治まっても神経細胞に潜むウイルスがいることから、完治することが非常に難しく、再発する可能性が高いことでも有名です。バルトレックスは早く服用すればするほどヘルペスに効果を発揮するので、年に何度も再発する人は、早期治療のため手元に準備している人も多いようです。

バルトレックス使用で起こる副作用とは

単純疱疹や水筒に対する適応があるバルトレックスはヘルペスウイルスに対する抗ウイルス薬として働きます。性器ヘルペスに対しても有効であり、水ぶくれのようなものができてしまって痛いという症状を比較的速やかに治療することができるというメリットがあります。できる限り感染後は速やかに飲み始めることが必要であり、早く飲み始めるほど効果が高いことが知られているものであり、たとえ症状がなくなったとしても医師に指定された期間は飲み続けることが大切です。バルトレックスの使用によって生じる副作用はそれほど多くないものの、人によっては軽い症状が出てきます。下痢や吐き気、めまいや頭痛といったものが典型的です。しかし、効かないからといって大量に飲んでしまうと精神神経症状が出てしまうことが多くなり、妄想や痙攣、意識喪失などが起こることが知られています。そのため、処方された量を5日間飲んでも効果がなかった場合には医師に相談するようにした方が良いでしょう。ウイルスがバルトレックスに対して耐性を持ってしまっている可能性があるからであり、増量するよりも他の薬に切り替えて治療を行っていった方が副作用に苦しむことなく治療を行っていくことが可能です。また、過量投与を行わなくても重い副作用が生じる人もいますが、それほど頻度は高くありません。急性腎不全によるだるさやむくみ、間質性肺炎によるから咳や発熱、血液成分の以上による皮下出血や発熱などが見られる場合があります。そういった初期症状が確認された場合には速やかに医師に相談してバルトレックスから他の抗ウイルス薬に切り替えるようにした方が良いでしょう。副作用が少ないとはいっても注意をしておくことが大切です。

バルトレックスのジェネリックはあるのか

医薬成分に対する特許期限は、特許出願日より20年とされています。しかし、臨床試験など承認に時間がかかった場合には特例として5年の特許期限の延長が認められており、インフルエンザの治療薬で知られるタミフルは特許期限の延長を申請していますが、バルトレックスは2013年12月に特許期限が切れている為、海外の製薬メーカーだけで無く日本の製薬メーカーもバルトレックスのジェネリック医薬品を製造販売しています。バルトレックスは、ゾビラックスの主成分であるアシクロビルにアミノ酸の一種であるバリンをエステル結合させたバラシクロビルを主成分とするプロドラッグであり、バラシクロビルは細胞内でアシクロビルに活性化されます。アシクロビルは、ヘルペスウイルス増殖の為のDNA複製時に分子骨格が類似しているヌクレオチド3リン酸の一種であるdGTPとすり替わり、正常なDNA複製を阻害してヘルペスウイルスの増殖を抑制します。しかし、ヘルペスウイルスは、人間の細胞と親和性の高い膜に覆われている為に、脊髄神経や三叉神経などの神経節細胞に寄生し易く、生存に不向きな環境時には神経節の奥深くに潜伏しています。神経節に潜伏中のヘルペスウイルスに対しては、バルトレックスの効果がほとんど無く死滅させる事が出来ない為に、1度ヘルペスに感染すると一生涯ヘルペスウイルスキャリアとなり、宿主の体調不良や自律神経の失調、精神状態の乱れなどにより免疫力が低下すると何度でも再発します。その為、ヘルペスの治療完了後も再発抑制治療として、バルトレックスを2カ月から1年の長期にわたり投与するケースもありますが、現在ではバルトレックスのジェネリック医薬品で治療費用を抑制する事が出来ます。

◎性器がかゆい、と思ったらヘルペスかカンジダかも!治療薬をチェック!
カンジダは繰り返し発症します