バルトレックスという薬をご存知ですか?こちらはヘルペスを治療する薬です。当サイトではこのバルトレックスの効果や副作用などの検証、そして安く入手する為にジェネリックの存在があるのか?など調べていますので是非参考にしてください。

ヘルペスを治療する薬バルトレックス

医院でのびまん性尖圭コンジローマとバルトレックス

ウイルスは感染症の原因となる病原体としてありふれたものでありながら、感染したウイルスの種類によって治療を変えなければならない厄介な病原体です。細菌のように広い範囲に対して有効な抗生物質のような治療薬はほとんどなく、一つ一つのウイルスの種類に対して別の治療薬を用いなければなりません。ウイルスは細菌に比べると極めて簡単な構造をしているため、その生存に必要な共通部分を見つけることが難しく、その共通部分を攻撃しながらも人に副作用を与えないものをデザインするのは困難を極めるからです。ヘルペスウイルス感染に対して用いられる治療薬であるバルトレックスは口唇ヘルペスや性器ヘルペスの治療によく用いられます。しかし、これは他のウイルス感染に対しては基本的には無効であり、誤った診断を受けて治療に用いても改善が見られないことには注意が必要です。特に性病として知られる性器ヘルペスが誤診されることがあります。あまり性病を見慣れていない医院を訪れてしまうと、他の病気と見間違えてしまうことがあるからです。その典型的なものの一つが尖圭コンジローマ感染であり、その症状がびまん性であると特徴的なイボがよく判別できずに湿疹や小さな水痘に見えてしまうことがあるのです。口唇ヘルペスを見たことがある医師の場合にはこれをヘルペスウイルス感染と誤解してしまってバルトレックスを処方してしまう可能性があるでしょう。誤診されなければ尖圭コンジローマにも高い有効性のある抗ウイルス薬が存在しているため、治療を行うことはそれほど大変ではありません。こういった誤診を防ぐためにも、性病について詳しい医院を選んで受診することが大切であると覚えておきましょう。