バルトレックスという薬をご存知ですか?こちらはヘルペスを治療する薬です。当サイトではこのバルトレックスの効果や副作用などの検証、そして安く入手する為にジェネリックの存在があるのか?など調べていますので是非参考にしてください。

ヘルペスを治療する薬バルトレックス

ヘルペス対策は産婦人科でバルトレックスの処方を

ヘルペスは皮膚に発疹ができて痛む病気ですから、皮膚科を受診する人が多いかもしれません。また原因はウイルスの感染なので、内科で対応することもできます。しかし陰部の周辺に発疹ができる性器ヘルペスは、性感染症の一種と考えられるため、専門の産婦人科を受診することが推奨されます。とりわけ妊娠中や授乳中の女性は、母子感染が起きたり、薬の影響が子どもに出たりする恐れがあるため、産婦人科で相談することが第一の対策となります。
性器ヘルペスは症状の重さによって、塗り薬だけで治療することもあれば、内服薬を併用することもあります。ヘルペスの代表的な内服薬がバルトレックスです。この薬はウイルスの増殖を抑える効果があるため、早めに服用するほど効き目が高くなります。症状が重くなってから服用しても、あまり効かないので要注意です。
バルトレックスは保険が適用される薬ですが、一般に産婦人科では、多くても10日分ほどしか処方されません。ヘルペスは治ったように見えても、ウイルスが体内に潜んでいて、再発することが多い病気です。そこで年6回以上の再発を繰り返す場合には、予防のために処方を受けることができます。しかし条件としては厳しいですし、症状が出るたびに産婦人科へ通うのは、時間的にも精神的にもかなりの負担になります。
そのため通販サイトなどを利用して、バルトレックスを個人輸入している方もいます。価格は保険適用で購入する場合と、ほとんど違いがありません。日本国内で転売するのは違法ですが、自分が使う分だけなら輸入するのは合法です。再発した時に素早く服用できるよう、個人輸入したバルトレックスを常備しておくのも一つの方法と言えます。