バルトレックスという薬をご存知ですか?こちらはヘルペスを治療する薬です。当サイトではこのバルトレックスの効果や副作用などの検証、そして安く入手する為にジェネリックの存在があるのか?など調べていますので是非参考にしてください。

ヘルペスを治療する薬バルトレックス

ぶつぶつにバルトレックスとマクロライド系抗生物質

性感染症には数多くのものがありますが、多くの人が性感染症を疑う際には性器やその周辺の部分に何らかの異常を感じたときでしょう。痛みやかゆみといった自覚症状に加えて、見た目で何かができてしまうということもよくあることです。そういった状況で少し前に性行為の経験があったということが重なれば性感染症を疑わざるを得ません。性器やその周辺にぶつぶつができたというというときには、そのぶつぶつをよく観察することが大切です。インターネットの画像検索を利用したりして、性感染症で生じやすいぶつぶつの写真と比較してみると、どういった病気であるのかということを推察することができるでしょう。典型的なものの一つがヘルペスウイルスに対する感染であり、性器ヘルペスになっているというものです。この場合にはぶつぶつは水疱のようなものであり、潰れるとなかから液体が出てくるというのが特徴です。痛みやかゆみを伴うことが多く、広がり始めると数も増えていきます。この場合には抗ヘルペスウイルス薬であるバルトレックスによって治療が可能であり、10日間程度の治療で症状を完全に抑えることができるでしょう。一方、細菌感染によって発生することもありますが、その治療や感染予防のためにマクロライド系の抗生物質が用いられることもあります。ヘルペスウイルス感染の症状が出ているときには身体の抵抗力が弱ってしまっていることが多いため、水疱が潰れてできた傷口から別の感染症が起こることもあるからです。また、クラミジア感染のように性感染症として比較的多いものを合併してしまっているリスクもあるため、予防的処置としてマクロライド系の抗生物質が処方されることもあります。